放射線診断科

スタッフ紹介

放射線診断科 スタッフ紹介
職名 氏名 卒業年 学会専門医資格等
科部長
兼診療技術部長
五十嵐 達也 平成元年卒 日本医学放射線学会診断専門医
日本超音波医学会指導医・専門医
日本乳癌検診学会評議員
日本乳癌学会認定医
日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医・代議員
マンモグラフィ検診読影認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
腹部ステントグラフト実施医
科長 鹿子 裕介 平成20年卒 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
マンモグラフィ検診読影認定医
腹部ステントグラフト実施医
浅大腿動脈ステントグラフト実施医
嘱託医師 池田 暁子 平成17年卒 日本医学放射線学会診断専門医
日本超音波医学会専門医
マンモグラフィ検診読影認定医

今月と来月の外来診療医の担当表は下記リンクよりご覧いただけます。

科紹介

私たち放射線診断科は各診療科の依頼・協力のもと、各種の画像診断(単純X線、CT、MRI、核医学、マンモグラフィ)、IVR治療などを精力的におこなっています。一般の方々には馴染みの乏しい科ですが、良質な医療を行ううえで我々はいわゆる「縁の下の力持ち」であることを目指しています。

例えば、救急外来で撮影された画像は瞬時に読影室に転送され、我々が即座にこの画像を診断して救急担当医に報告することで、診療が遅延せずに円滑に行われることが可能になります。

地域医療連携にも積極的であり、他施設からの検査依頼に対して良質な読影を行って画像結果を報告することで、当施設内にとどまらず、志太榛原地区全体の医療に画像診断で貢献することを目指しています。

また当科の特色の1つですが、IVR治療という、体に極力傷をつけない非侵襲的な最先端治療によって、救急患者さまの救命、がん治療にも貢献しております。特に当院は静岡県ではまだ数少ない「IVR学会専門医修練施設」であり、「IVR専門医」が常勤しておりますので、静岡県中部の中核病院として、また「がん拠点病院」として、現在もこの高度で安全なIVR治療を積極的におこなっています。

施設認定

日本医学放射線学会専門医修練機関

IVR学会専門医修練施設

超音波専門医研修施設

マンモグラフィ検診施設画像評価認定施設

当科の診療案内

画像診断

単純写真、CT、MRI、核医学、マンモグラフィ、超音波検査など(詳細は下記のリンクをご覧ください。)

IVR治療(Interventional Radiology)

IVR治療は、放射線診断技術を使った低侵襲的で高度な治療の総称です。X線や超音波を用いた各種のカテーテル治療、穿刺治療を行っております。

肝癌のカテーテル治療(TACE, TAE, 動注療法、リザーバー療法)、血管拡張術(透析シャント、下肢動脈血流障害)、塞栓術(喀血や交通外傷出血時の救急止血術、胃静脈瘤に対するBRTO)、膀胱癌動注療法など、ここでは紹介しきれない様々な種類のIVR治療を年間約200件程度行っています。(詳細は下記のリンクをご覧ください。)

周辺医療機関との病院-診療所連携(病診連携)について

当科では病診連携を推進しており、かかりつけの先生からの依頼によってCT、MRIをはじめとするすべての画像診断について検査及びその診断が受けられます。検査日から2〜3日の間にかかりつけの先生のもとに画像と読影結果を送付させていただいております。

前年度の紹介患者数は1100人以上であり、当院の全紹介患者の15%以上を占め、全科の中で最多の紹介数となっています。これは当科への紹介の利用し易さと読影結果のスピード、診断の質の良さ、患者さまを必ず照会元へお戻しすること、の表れと考えております。

当科の最近の業績(研究発表、論文)

学術発表

第66回日本医学放射線学会学術集会

  • Segmental mediolytic arteriopathyと考えられた2例 寺内一真

第142回日本医学放射線学会中部地方会

  • Aortic intimal sarcomaの1例 寺内一真

第43回日本医学放射線学会秋季臨床大会

  • 乳腺原発骨肉腫と考えられた1例 五十嵐達也
  • Female adnexal tumor of probable Wolffian origin(FATWO)の1例 関 明彦
  • Spontaneous celiac artery dissectionの2例 寺内一真

日本IVR学会 第24回中部・第23回関西合同地方会

  • 高流量の胃腎シャントが原因の肝性脳症に対しIDC coilを併用したBRTOが有効であった1例 関 明彦
  • 脾動脈瘤塞栓術の際にマイクロバルーンカテーテルを用いたneck-plasty techniqueが有用であった1例 寺内 一真

第67回 日本医学放射線学会総会

  • 膀胱温存を目標とした浸潤性膀胱癌に対する動注化学療法 関 明彦
  • 当院における重症急性膵炎に対する持続動注療法の成績 五十嵐達也
  • 画像上、腫瘤を形成した硬化性腺症(sclerosing adenosis)6例の画像所見の検討 寺内一真

掲載論文

  • マンモグラフィ読影力のブランシュアップ法: Rad Fan 2007年9月号掲載 五十嵐達也
  • Female adnexal tumor of probable Wolffian origin(FATWO)の1例:臨床放射線2008年2月号掲載 関 明彦
  • Segmental mediolytic arteriopathy(SMA)が原因と考えられた後腹膜出血に対して動脈塞栓術が有用であった2例:臨床放射線2008年3月号掲載 寺内一真

連絡先

放射線診断科 連絡先一覧
X線撮影、CT検査 内線5350・5351
核医学検査、放射線治療外来 内線5300(地下総合受付)
MRI 内線5322
この記事に関するお問い合わせ先
放射線診断科

住所:静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
電話番号:054-646-1111(代表) ファクス:054-646-1122
お問い合わせはこちらから

更新日:2020年01月01日