呼吸器内科

診療内容

当院呼吸器内科で診療する主な疾患は、

  1. 感染症性肺疾患
  2. 腫瘍性疾患
  3. アレルギー性疾患
  4. 閉塞性疾患
  5. 胸膜疾患
  6. 呼吸器に関する内科疾患

など多岐にわたります。

また、外科的治療が必要とされる腫瘍性疾患、気胸、胸膜炎につきましては毎週1回呼吸器外科とカンファレンスを行い、最適な診療を目指します。 

スタッフ紹介

スタッフの詳細

職名

氏名

卒業年

学会専門医資格等

第1診療部長

小清水 直樹

平成2年卒

日本呼吸器学会指導医
日本アレルギー学会専門医
日本感染症学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医・認定医
日本内科学会認定医・総合内科専門医
ICD(Infection Control Doctor
抗菌科学療法指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
日本環境感染学会感染制御インストラクターコース修了

化学療法センター長 兼 禁煙指導室長

田村 亨治

昭和61年卒

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

科長

津久井 賢

平成12年卒

日本内科学会専門医・認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医長

松浦 駿

平成15年卒

日本呼吸器学会専門医・指導医
日本内科学会認定医・総合内科専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会終了
医学博士

医長

原田 雅教

平成15年卒

日本内科学会専門医・認定医
日本呼吸器学会専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医学博士

医長

上原 正裕

平成18年卒

日本呼吸器学会専門医
日本内科学会認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医長

望月 栄佑

平成22年卒

日本呼吸器学会専門医
日本内科学会認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医員

直井 兵伍

平成24年卒

日本内科学会認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医員

持塚 康孝

平成26年卒

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

医員

久保田 努

平成27年卒

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

  医員 籠尾 南海夫 平成28年卒

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

  医員 伊藤 祐太朗 平成28年卒

がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了

 

長岡 深雪
(非常勤)

平成12年卒

日本呼吸器学会専門医・指導医
日本内科学会認定医
日本医師会産業医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医学博士

 

三倉 真一郎
(非常勤)

平成14年卒

日本呼吸器内視鏡学会専門医
日本結核病学会認定医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医学博士

業績

認定施設等

日本呼吸器学会専門医制度認定施設

日本呼吸器内視鏡学会専門医制度認定施設

科紹介

外来では、咳が長く続く方、息切れを感じる方、胸部検診で異常陰影を指摘された方などに対して検査と治療を行っております。

当院の呼吸器内科を受診される方は、必ず医療機関の紹介状をご持参ください。

紹介状は、かかりつけ医などから、もらってください。

初診について

受付日時 月曜日・火曜日・水曜日・金曜日 午前8時〜午前11時

診察はすべて、予約制です。

初診の方は紹介状を必ずご用意ください。

受診日を決めるため、外来に連絡して予約をお取りください。

連絡先

5番ブロック 内線2120

喫煙外来

お知らせ

禁煙治療に対する健康保険の適用が2006年度より開始されたことを受けて、当院でも、平成21年4月より毎週水曜日の午後4時から5時まで「禁煙外来」を開始します。

診療は完全予約制で行いますので、受診を希望される方は、平日の午後2時から5時までの間に呼吸器内科ブロックに電話をかけ、予約をしてください。

禁煙治療を健康保険を使用して受けることができる方

禁煙治療を健康保険を使用して受けることができる方は、次の4つの条件のすべてに該当する方です。

4つの条件のどれかひとつでも満たさない場合には保険診療とならず、自費診療となります。

  1. 直ちに禁煙を希望している方
  2. 禁煙治療を受けることを文書により同意している方
  3. ブリンクマン指数( 1日の喫煙本数 × 喫煙年数 )が200以上の方
  4. 次のニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)でニコチン依存症と診断された方(TDSスコアが5点以上の方)
禁煙治療の質問票
  施設内容

はい

1点

いいえ

0点

問1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。    
問2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。    
問3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。    
問4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)    
問5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸いはじめることがありましたか。    
問6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。    
問7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。    
問8 タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても吸うことがありましたか。    
問9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。    
問10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。    
合計      

禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)でなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態

標準禁煙治療プログラム

標準的な禁煙治療プログラムは、12週間に渡り計5回の禁煙治療を行います。初回診察で患者さんと話し合って禁煙開始日を決定します。初回診察から2 週間後、4週間後、8週間後、12週間後の計4回、禁煙の実行継続のための治療を行います。

費用

保険診療と自費診療の費用は概算で次のとおりになります。

1.ニコチンパッチ(貼り薬)を使用する場合

 

自費診療

保険診療(3割負担の場合)

特別初診料(選定療養)

0

5,400

初診料+外来診療料

5,500

1,650

ニコチン依存症管理料

9,620

2,886

院外処方せん料

3,400

1,020

禁煙補助薬

20,730

6,219

40,820

12,246

2.バレニクリン(飲み薬)を使用する場合

 

自費診療

保険診療(3割負担の場合)

特別初診料(選定療養)

0

5,400

初診料+外来診療料

5,500

1,650

ニコチン依存症管理料

9,620

2,886

院外処方せん料

3,400

1,020

禁煙補助薬

37,660

11,298

57,750

17,325

その他

ご不明な点につきましては、お電話またはE-mailでお問い合わせください。

電話番号 054-646-1111 呼吸器内科ブロック受付

この記事に関するお問い合わせ先
呼吸器内科

住所:静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
電話番号:054-646-1111(代表) ファクス:054-646-1122
お問い合わせはこちらから
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年10月11日