看護職員の教育体制について

看護部の教育

教育体制01

専門職業人としての自己啓発・自己研鑽のために全看護職員が自身の臨床看護実践能力熟達段階を認知し、常に目標を持ち、主体的に学習していくことが基本です。

教育体制02

全看護職員を対象に、クリ二カルラダーを基盤にした「看護職員教育プログラム」を実施しています。

教育体制03

レベル1(新人前期)からレベル3-2(中堅)まで「看護職員教育プログラム」に沿って集合教育(OFF-JT)と職場内研修(OJT)を通して段階的に学んでいきます。

教育体制04

新人看護師(前期:レベル1)の教育は、プリセプター制を導入しています。そして、新卒採用者支援ナースを中心とした全スタッフ、主任、看護師長みんなで支援します。

教育体制05

「ジェネラリスト」として、院内研修に留まらず院外の研修・研究会・学会で研鑽を積むことができ、指定の教育プログラムを受けることで院内認定看護師をめざす事ができます。

教育体制06

より専門性の高い看護実践能力の向上を目指し、院外専門研修などを経て、「認定看護師」「専門看護師」への道、「スペシャリスト」を選択して学んでいくことができます。

教育体制07

看護管理者への道は、マネージメントラダーを導入し、マネジメント研修を計画実施しています。また、病院外で自己研鑽を積み、最終的に認定看護管理者を目指すことができます。

この記事に関するお問い合わせ先

看護部

住所:静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
電話番号:054-646-1111(代表) ファクス:054-646-1122
お問い合わせはこちらから

更新日:2018年05月14日