8階B病棟

8階B病棟で働くスタッフの写真

8B病棟は、神経内科と脳神経外科、皮膚科、そして5B病棟の第2病棟として整形外科も対応する混合病棟です。
疾患の影響で、麻痺や高次脳機能障害などが残る患者さんの安全を考えつつ、急性期からリハビリ、廃用症候群予防に努めていくことで、少しでも日常の生活動作が回復していけるよう努めています。
患者さんの生活に最も近く関わる看護師だけでなく、医師・看護助手・リハビリテーション科・薬剤師・管理栄養士・歯科衛生士・社会福祉士などのさまざまな職種のスタッフがチームとして協力し、退院後の生活を考えたチーム医療を提供しています。
看護必要度が高い患者さんが多く、一人一人の患者さんをじっくりとサポートしていくことができる、やりがいのある病棟です。
平成27年4月から脳神経外科が再開し、周術期の管理や画像の見方等の勉強会を定期的に行い、実践につなげています。

リハビリの支援

8B病棟では神経内科、脳神経外科、整形外科のリハビリをしている患者さんが多く入院されています。

リハビリのない土曜日・日曜日にも患者さんの離床が行えるように、担当看護師中心となり、病棟リハビリを計画・実施しています。

また、リハビリ室で行われているリハビリが、病棟での生活にもつながるよう、リハビリ科との連携を積極的に図っています。意識障害のある患者さんも、入院後早期から積極的に車椅子乗車を行い、廃用症候群の予防に努めるなどリハビリに力を入れています。

この記事に関するお問い合わせ先

看護部

住所:静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
電話番号:054-646-1111(代表) ファクス:054-646-1122
お問い合わせはこちらから

更新日:2018年05月29日