救命救急センターのご案内

はじめに

平成29年4月1日より当院は救命救急センターに指定され、志太榛原二次医療圏で初の3次救急を担う施設となりました。志太榛原地域は人口46万人余り、面積1209㎢の二次医療圏であり4市2町から構成されております。当センターでは、医療圏内の救急病院や診療所とも連携を図り、志太榛原地域の今後の救急医療のますますの発展・向上に努めてまいります。

救命救急センターとは

救命救急センターとは、急性心筋梗塞、脳卒中、重症感染症(敗血症性ショックや重症肺炎など)、多発外傷、出血性ショック、心肺停止、中毒、重症頭部外傷など、二次救急では対応できない複数診療科領域の重篤な、そして緊急性の高い患者様に対して迅速かつ高度な医療技術を提供し、救命に努めていく三次救急医療機関です。

当センターは救急外来部門(ER)、救急病棟部門を備え、24時間体制で救急患者の受け入れを行っております。通常の二次救急対応に加え、重症患者については別に「三次救急選定基準」を設けることで救急隊による迅速な重症度の判定を可能としました。三次選定症例に対しては、救急専従医が直接救急隊からの受け入れ要請に対応し、迅速な受け入れ準備と初期診療、入院対応と集中治療介入を行っております。救急専従医による迅速な初療に加え、各専門診療科との協力体制もスムーズに構築されており、疾患毎に迅速な専門的治療介入を実現しております。センター内には手術室と複数の初療室を始めとして、CT・一般レントゲン撮影室、超音波検査室と、20床の救急病棟が完備されております。

急性心筋梗塞・致死的不整脈・肺動脈塞栓症などは時に心肺停止となります。これらの症例において通常の心肺蘇生法では自己心拍再開しない症例では、体外循環装置(PCPS)を迅速に導入して蘇生を行う体外循環式心肺蘇生(ECPR)を2015年度より導入しております。この治療法は静岡県ではまだごく一部の施設でしか行えていない状況でありますが、一定の救命の効果をあげています。そして、循環器内科と連携し、原疾患が急性心筋梗塞であれば速やかに冠動脈インターベンション(PCI)を行い、心停止蘇生後の神経集中治療の介入を行っております。

 脳血管障害において、適応のある急性期の重症脳梗塞症例については脳神経外科・放射線科と連携し、カテーテルによる脳血管内治療も行っております。また、多発外傷や消化管、肺などの出血性症例についても各専門診療科や放射線科と連携し、必要応じてカテーテルインターベンションによる塞栓術などの治療を行います。

救命救急センターの内観

救命救急センター長あいさつ

救命救急センター長 三木靖雄

救命救急センター長
三木 靖雄

志太榛原2次医療圏での初の救命救急センターとなり、徐々に地域の医療機関や医師会、開業医などからも認知されるようになってきました。また、当救命救急センターを管轄とする志太消防本部や静岡市消防本部との連携も強化され、地域の救急を担う体制づくりを行ってきました。

救命救急センターにはICUはありませんが、救急病棟があり重症患者の受け入れもしています。人工呼吸器管理や血液浄化療法などICU管理が必要な患者を管理し、また肺炎や尿路感染などのうち重症化している感染症患者や心不全などの患者も管理しています。

救急科はwalk inでの患者や救急車搬送患者の初期対応を行っており、診断や処置が終われば専門診療科にお願いしています。しかし、重症患者や多発外傷患者、熱傷患者などは救急科での入院加療としており、救急病棟での入院加療を行います。

救急科研修医は1・2年目を合わせて4~5名程度が毎月研修しています。救急外来での診察や処置に加え、救急科で入院している患者さんの治療にもあたります。

救急医はまだまだ足りない状況であり、当院での救急科専門研修を積極的に受け入れています。

救急診療部門

【三次救急搬送】

救命救急センター指定に際し、救急専従医が24時間体制で直接受け入れ応需を行えるように専用の回線を設置し、運用しています。下記の三次救急選定基準を設け、救急隊からの重症患者の受け入れ要請、近隣の二次救急病院では対応困難な症例などの受け入れ要請などに対して対応を行っております。

【三次救急選定基準】

所管の救急隊にむけ、三次救急選定基準を当地域の救急医療の実情に合わせて策定しました。藤枝市内における選定基準、志太榛原二次医療圏広域としての選定基準を別に策定することが必要と判断し、2種類作成しております。これらについては救急隊とも協議しつつ、一定の期間で選定基準の見直しを行い適宜改定しています。下記のリンクからダウンロードが可能ですので、ご活用ください。

救命救急センターの救急診療部門は、外来部門・救命救急センター病床部門に分かれております。一次・二次救急対応としてwalk in症例、紹介症例、二次救急搬送の診療については平日日勤帯は救急専従医、夜間休日については内科救急当直医・外科救急当直医が担当しております。三次救急搬送患者初療と救命救急センター病床管理については24時間体制で救急専従医が対応しております。小児・産婦人科につきましては、各々の専門科で主に担当しております。

walk in症例についてはJTASと呼ばれる重症度判定のトリアージ基準をもとに患者様の緊急性・重症度を的確に判断し、生命危機のある患者様に対して治療介入が遅れないようなシステムを構築し初期診療を行っております。

救急病棟は20床を有した救命救急センター病床として運用しております。心肺停止蘇生後、うっ血性心不全、重症肺炎、敗血症性ショック、多発外傷などの重症救急患者様の入院管理・集中治療を担っています。気管挿管・人工呼吸管理や持続的血液濾過透析(CHDF)などの集中治療を必要とする患者様から、病状によって悪化リスクの高い厳重経過観察が必要な患者様など、救命救急センターの要項を満たす緊急・重症症例を主にケアしています。
 

≪救急外来師長より≫

救命救急センターの救急外来部門では、小児から高齢者まで幅広い年代の方々の対応をしています。年間約16000人の救急患者を受け入れ、中でも救急車の受け入れは年間約5300台(1日あたり14〜16台)に対応し、地域に根ざした救急医療の提供を行っております。また24時間体制で他部門と連携を図り、救急医と協力しながら看護スタッフも特殊検査技術向上にチーム一丸となって取り組んでいます。

≪救急病棟師長より≫

救急病棟部門の看護師は多種多様な緊急入院患者様に対応できるよう日々研鑽しています。また、患者様や御家族が安心・安全に治療が受けられるように迅速な対応と細やかな配慮ができる看護師の育成を心掛けています。
急性期集中治療をも担う当病棟では人工呼吸器や人工透析、持続的血液濾過透析(CHDF)などの管理を行うことも多々あり、集中ケア・家族看護にも力をいれて取り組んでいます。突然の疾病や外傷などで緊急入院される患者様・その御家族様は多くの不安を抱えての入院生活となります。そのためにも、救急病棟として必要とされる看護とは何か、それをどう実践していくか、日々の業務のみでなく看護研究・学会発表などの学術的活動をも通して取り組んでまいります。

実績

救急病棟 入院患者統計

新入院患者数       1785名    (4.9人/日)  
病棟占有患者総数   7113名  (19.5人/日)
 

2017年度 疾患別占有割合
疾患名 占有割合(%)
肺炎 17.0
心不全 14.1
四肢外傷 6.5
敗血症 4.8
頭部外傷 4.5
脳出血 4.4
虚血性心疾患 3.9
消化管疾患 3.6
急性期脳梗塞 2.9
てんかん 2.6
心停止蘇生後 2.4
腹部背部外傷 2.1
不整脈 2.0
胆管疾患 1.9
悪性腫瘍 1.9
消化管出血 1.8
血液疾患 1.8
喘息・COPD 1.5
中毒 1.4
重症糖尿病 1.4
腎盂腎炎 1.2
肺塞栓症 1.2
腎不全 1.1
急性膵炎 1.1
胸部外傷 1.1
頚椎頸髄疾患 0.8
気胸 0.8
電解質異常 0.6
大動脈解離 0.6
出血性疾患 0.5
心膜疾患・心タンポナーデ 0.5
皮膚軟部組織疾患 0.5
低体温症 0.5
整形外科疾患 0.5
熱中症 0.4
アナフィラキシー 0.4
喀血 0.4
大動脈瘤破裂 0.3
腸炎 0.2
破傷風 0.2
マムシ咬傷 0.2
熱傷 0.1
溺水 0.1
他  4.2

救急外来

実績の詳細
  平成27年度 平成28年度 平成29年度
受診患者数

17,070

15,476 15,952
救急車台数

4,828

5,046 5,311
三次救急受入数 - - 453
救急外来からの入院患者数 5,126 5,066 4,559
緊急心臓カテーテル件数 158 168 136
緊急内視鏡件数 136 157 165
緊急手術数 80 108 117
緊急透視件数 36 61 112
心肺停止症例数 125 153 130
緊急PCPS挿入症例数 5 4 7

救急体制

平日時間内
救急専従医師・三次救急対応医師 1~3名+研修医2~4名
救急外来看護師 10~12名(一部、放射線科兼務)
救急病棟看護師 8~9名
事務 2~3名

平成27年4月から救急専従医師が専従で勤務します。

時間外
内科系医師・外科系医師 2名+研修医2~4名
救急外来看護師 3~5名
救急病棟看護師 5~6名
薬剤師 1名
事務 2~5名
救急病棟医師・三次救急対応医師 1名
放射線技師(エコー、レントゲン) 2名
検査技師 1名
小児担当医師 (1名)曜日によって診察時間がことなります
その他医師(ICU・NICU) 2名

診療の順番については、より緊急性の高い患者さんを優先して治療する場合があります。 
研修医も治療に参加することをご了承ください。 

この記事に関するお問い合わせ先
医療情報室

住所:静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
電話番号:054-646-1111(代表) ファクス:054-646-1122
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年03月18日