救急科

科紹介

救急科の先生が救急傷病の対応をしている写真

救急科の院内での主たる業務は、救急外来診療と各科診療への依頼・調整、三次救急搬送対応と救命救急センターでの集中治療、一部の総合診療科的症例の入院患者管理を行っている。

三次救急搬送については、別に制定した三次選定基準に該当する重症緊急症例について、救急隊からの受け入れ要請を救急医が直接電話対応し、初期診療とその後の集中治療を担う。そのうち、専門診療科の症例についてはコンサルト体制にて継続診療を依頼するが、主に「心肺停止」「敗血症性ショック」「急性薬物中毒」「多発外傷」「うっ血性心不全」「重症肺炎」「痙攣重積発作」「熱中症・低体温症などの環境異常」など、他科にまたがる重症救急疾患については当科にて入院治療管理を担当する。

二次救急を軸とする救急外来診療については、A(気道)B(呼吸)C(循環)D(意識)の安定化を図りつつ疾病や損傷の迅速的確な診断を行い、各専門診療科の治療へとつなげていく。いわば院内でのトリアージの役割を担っている。確定診断のつかない症例や多科にまたがる併存疾患のある症例は、当科で総合診療として入院担当を担う。

救急医は一般に、院内の医療のみならず、病院前救護(ドクターヘリやドクターカーなど)、災害医療、蘇生法などの教育、メディカルコントロール(MC)として消防・救急への指導・助言・検証、地域の診療所や施設などとの連携を通した各地域における医療体制の見直しなど、多分野にわたる積極的な関わりを求められている。
そのうち、当院においては、MC、救急医療教育としてICLSや内科医救急教育であるJMECCなどの開催や、災害医療としてDMAT訓練や院内防災訓練などを各科、志太榛原地域の施設と連携し推進している。また病院前救護としてドクターカーを新たに進める準備を開始した。

初期臨床研修医も救急科のローテーションは必須であり、救急外来診療を中心として研修医の臨床的教育、学会発表などの学術活動の指導なども行っている。
また、救急科専門医の育成も可能である。現在、浜松医科大学、愛知医科大学の救急科研修の関連病院となっている。当科では特に救急総合診療、救急集中治療に力を入れており、救急医を志す医師にとって必須の医療経験が可能であるとともに、学術活動、災害医療などにも関わることできる。

救急医療は各地域毎での医療ニーズに合わせて、それぞれで構築していかなければならない。当院は静岡県中部の志太榛原地域に指定された最初の救命救急センターであるが、全国的にも超少子高齢化社会が進む中、当地域の高齢化率も全国平均より高いのが現状である。このため、救命救急センターとして重症疾病における救命医療の向上はもちろんであるが、それのみならずさまざまな視点からの医療体制の構築を担っていく。

院外心肺停止搬送症例の蘇生率向上にむけた当院での取り組みと実績

救命救急センター指定に際し、救急隊からのホットライン入電のうち、重症患者(別紙の三次選定基準による)の受け入れ可否は、24時間体制で救急専従医が電話対応を行うこととしました。救急救命士の活動のうち、心肺停止症例を始めとした重症症例に対して、病院前活動で救急隊が実施できる特定行為に対する指示を救急専従医が行っております。

●当院における院外心肺停止症例のデータ
当院における院外心肺停止症例のデータ

院外心肺停止における社会復帰率は全国データでは3%と極めて低いものであります。当院では6.9%と全国平均よりは高い傾向を示しておりますが依然低い値です。これらのうち、救命率が高いと言われているものは、「目撃のある心肺停止症例のうち心原性のもの」であり、社会復帰率は全国で8.6%、当院でのデータでは18%であります。

目撃のある院外心原性心停止の予後

そのうち、「初期波形(救急隊が到着した際に最初に得られた波形)が心室細動(VF)を呈していたもの」については最も救命率が高く、現在はAEDと呼ばれる自動体外式除細動器の市民の使用も可能となったことから救命率はここ数年で向上しました。

目撃のある院外心停止で初期波形VT/VFの予後

グラフに示しているように、「目撃のある初期波形VT・VF患者」の社会復帰率は全国平均22.2%と高く、当院では44.1%と全国平均のおよそ2倍の成績を得ております。

一方で、電気ショックなどの除細動を行っても蘇生され得ない症例が一部に存在します。これらは通常の心肺蘇生法では救命することは不可能であり、さらなる専門的介入が必要となります。
当院ではPCPS(経皮的心肺補助装置)と言われる体外循環装置を使用した心肺蘇生法(ECPR)
を2015年度より積極的に導入し、適応となる症例に使用しています。この治療法は都市部を中心として全国的に少しずつ広まってきていますが、静岡県内ではまだ一部の施設でしか行えていないのが実情です。当院でECPRを実施した症例については下記のように一定の救命の効果を上げています。

社会復帰した初期波形VT/VF症例の内訳

上の表のように、院外心肺停止のうち「完全社会復帰を果たした初期波形VT・VFの症例」23例のうち、6例にはPCPSを使用した心肺蘇生法が行われていました。言い換えれば、この6例はPCPS導入なしには救命し得なかった症例といえます。

当院での院外心停止症例の救命率は、全国平均と比すれば高い成績を収めてはおりますが、絶対値はまだまだ低く、さらなる成績向上が求められます。
心肺停止患者の救命においては、「救命の連鎖」が重要と言われています。1.心停止の予防、2.心停止の早期認識と通報、3.一次救命処置、4.二次救命処置と心拍再開後の集中治療です。BLSといった一次救命処置などの市民教育を始め、医療者と救急隊との連携、院内においては他科との連携を軸として、新たな治療法であるPCPSを使用した体外循環式心肺蘇生(ECPR)や、心拍再開後の神経集中管理まで幅広く介入し、当地域の心停止患者様の救命率向上にむけて、これからも精進していきたいと考えております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介の概要
職名 氏名 卒業年 学会専門医資格等
危機管理担当副院長 閨谷 洋 昭和55年卒 日本救急医学会救急科専門医
日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会指導医・専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会指導医・専門医
日本禁煙学会認定指導医
日本胸部外科学会認定
肺がんCT検診認定医師
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
救急担当副院長

救命救急センター所長
三木 靖雄 平成1年卒 日本救急医学会救急科専門医
麻酔科標榜医
日本航空医療学会航空医療医師・指導医
DMAT技能維持研修修了
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医長 増田 崇光 平成19年卒 日本救急医学会救急科専門医
日本病院総合診療医学会認定病院総合診療医
JATECプロバイダー
ICLSプロバイダー
医長 麻喜 幹博 平成20年卒 日本循環器学会循環器専門医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本内科学会認定内科医
日本救急医学会ICLSインストラクター
日本内科学会救急委員会JMECCインストラクター
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
BLS/ACLSプロバイダー
FCCSプロバイダー
NCPRプロバイダー
JPTECプロバイダー
多数傷病者への対応標準化トレーニングコース(標準コース)修了

実績

救急科 外来実績

実績の詳細
  平成27年度 平成28年度 平成29年度
受診患者数

17,070

15,476 15,952
救急車台数

4,828

5,046 5,311
三次救急受入数 - - 453
救急外来からの入院患者数 5,126 5,066 4,559
緊急心臓カテーテル件数 158 168 136
緊急内視鏡件数 136 157 165
緊急手術数 80 108 117
緊急透視件数 36 61 112
心肺停止症例数 125 153 130
緊急PCPS挿入症例数 5 4 7

救急科 入院実績

救急科入院患者統計
  H28年度 H29年度
全入院患者数 332 649
死亡 41 96
転科 80 235
退院・転院 211 318
     
平均入院日数( 日 ) 6±9 5±9
入院日数中央値( 日 ) 2(2.5) 2(2.5)

 

平成28年度救急科入院患者在籍日数
平成29年度救急科入院患者在籍日数
詳細(延べ数)
  H28年度 H29年度
院外心停止(外来死亡含む)
心停止蘇生後症候群
153
32
130
55
敗血症・敗血症性ショック
侵襲性肺炎球菌感染症
劇症型溶連菌感染症(STSS)
髄膜炎
脳腫瘍・脳炎
肺炎・急性呼吸急迫症候群
重症レジオネラ肺炎
腹部感染症
尿路感染症・急性腎盂腎炎
蜂窩織炎
壊死性筋膜炎
破傷風
頸部膿瘍
21

1
1

74
1
6
15
6
1

1
35
1
2
4
2
116

4
31
6
1
1
 
窒息
溺水
喀血
緊張性気胸・気胸(内因性)
COPD急性増悪
気管支喘息
6


2
2
 
9
3
2
2
6
2
うっ血性心不全
心原性ショック
急性冠症候群
肺塞栓症
不整脈
心タンポナーデ
急性大動脈解離
大動脈瘤・大動脈瘤破裂
34
6
4

13
2
2
 
60
6
16
3
19
3
3
19
消化管穿孔・イレウス
消化管出血・出血性ショック
上腸間膜動脈血栓症
非閉塞性腸管虚血
肝炎・肝硬変など
5



8
9
17
1
2
10
脳出血
急性期脳梗塞
痙攣重積・てんかん
めまい症
慢性神経疾患
8
14
18
5
19
47
50
65
6
22
脱水・電解質異常・代謝異常
急性腎不全
血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
横紋筋融解症
57
14

7
47
25
1
1
重症糖尿病(DKA/HHSなど)
低血糖
脳下垂体疾患
甲状腺疾患
12
3
1
2
8
13
2
4
薬疹
アナフィラキシー・アナフィラキシーショック

8
3
9
動物咬傷
中毒
熱傷
熱中症
低体温症
2
30
6
14
11
4
31
7
13
11
悪性腫瘍
播種性血管内凝固症候群(DIC)
貧血
7
10
2
25
6
3
偽痛風
脊髄硬膜外血腫
腰痛疾患(内科的整形症例)
8
2
9
1

8
精神疾患(うつ病・統合失調症など) 29 31
高エネルギー外傷・多発外傷・出血性ショック
頭頸部外傷
胸部外傷
腹部外傷
整形外科的外傷
17
74
16
4
32
45
110
25
14
67

 

業績集

救急患者数統計

臨床研究のお願い

「院外心停止例救命のための効果的救急医療体制・治療ストラテジの構築に関する研究」への協力のお願い

本邦では年間7万人を超える心臓突然死が発生しております。病院前救急医療の発展により、院外心停止例の社会復帰率は改善していますが、いまだに8%程度と非常に低いことが現状です。さらなる社会復帰率向上のために病院到着後の集中治療の効果が期待されていますが、その治療実態と効果は明らかではなく効果的な治療法は確立されていないのが現状です。本研究を前向きに検討・分析し、有効な集中治療などの治療ストラテジを検討することを目的とし、日本救急医学会が主導している多施設共同研究の参加のための研究への参加を行っております。

対象は当院救命救急センターに搬送された院外心停止のうち、救急隊が蘇生行為を行った症例について、個人情報を保護した上でデータの登録を行わせていただきます。本研究に参加・協力することに同意されない場合は、以下までご連絡ください。

連絡先

藤枝市立総合病院 救急科
救命救急センター長 三木 靖雄
電話番号:054-646-1111(代表)

この記事に関するお問い合わせ先
救急科

住所:静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
電話番号:054-646-1111(代表) ファクス:054-646-1122
お問い合わせはこちらから

更新日:2019年02月26日