頚動脈狭窄症

頚動脈狭窄症とは?

近年、食生活の欧米化、検査機器技術の向上により、脳梗塞の原因として頚動脈狭窄症が非常に注目されています。頚動脈は頚を触れたときにドクドクと拍動している太い血管ですが、これは脳の血管につながっています。頚動脈にプラーク(コレステロールを主体とする血管のゴミ)と呼ばれる組織が付着し、血管が細くなってしまう病気が頚動脈狭窄症です。脳梗塞を起こす前段階である、一過性の症状(運動障害、言語障害、視野障害など)で運良く見つかることもあります。頚動脈狭窄症は通常、禁煙・高血圧・糖尿病・高脂血症などの動脈硬化症のリスクを持っている人が罹患します。したがって、頚動脈狭窄症を持っている人は、冠動脈(心臓の血管)や下肢の動脈など、全身の血管の動脈硬化がすすんでいることが通例です。動脈硬化と関連する疾患を持っている人に頚動脈狭窄症の検査をすると一定の確率で見つかるため、この病気の認知度が高くなった近年では、無症状の状態で見つかることも増えてきました。

治療

この病気を持っている方は、動脈硬化が進行しないように、まずは生活習慣の見直しを行い、さまざまな動脈硬化のリスクを排除するように努める必要があります。高血圧や糖尿病の薬、血液をさらさらにする薬(抗血小板薬)などの助けが必要になる方がほとんどで、このような治療を「内科的治療」と言います。
内科的治療にめいっぱい取り組んでもなお、頚動脈狭窄が進行する方、あるいは脳梗塞再発のリスクが極めて高いと判断された方は、外科的な介入が必要です。

外科的治療としては、

1.頸動脈ステント留置術(局所麻酔で行う血管内治療)
2.頚動脈内膜剥離術(全身麻酔で行う手術)

があります。

ステント留置術は、血管造影検査と同様に足の付け根からカテーテルを挿入して行い、通常は全身麻酔も不要で手技時間も60分程度で終了します。したがって、高齢者、合併症のせいで全身麻酔が厳しい患者さんなどでも手技が可能ですし、入院期間も数日と短く済みます。ステントを留置したあとは、写真のようにとてもきれいな血管に戻ります。2008年より保険適応治療となった比較的新しい治療ではありますが、すでに国内では多数の症例が蓄積されておりますし、血管内治療の進歩に伴い今なお発展し続けている治療法です。

頸動脈ステント留置術の一例

頸動脈ステント留置術の一例

すべての患者さんにステント留置をすることができれば、患者さんの負担も医師の負担も軽くて済むわけですが、残念ながら中にはこの治療に向かないケースがいます。そのような方には、従来の治療法である頚動脈内膜剥離術を行っています。この治療は全身麻酔下に頚にメスを入れ、血管を開き、プラークを根こそぎとってしまう治療です。「ステントでプラークを押さえつける」ステント留置術に対し、「根こそぎとってしまう」というのがポイントです。野蛮な治療に聞こえるかもしれませんが、この治療は歴史が長く、確立された治療法であり、ステント留置術の成績が頚動脈内膜剥離術の成績に追いついたのはごく最近のことです。

頸動脈内膜剥離術の一例

頸動脈内膜剥離術の一例

左手でつまんでいるのがプラークです

左手でつまんでいるのがプラークです

ご希望を聞けば100人中100人が体に優しい「ステント留置術」を希望されますので、安全に施行可能な方にはステント留置術を行うようにしております。しかし、たとえ頚に傷をつけたとしても、頚動脈内膜剥離術のほうがメリットが大きいと判断した場合は、そちらを強くお勧めしています。

なお、これらの治療はどちらも技術的にはそれほど難しいものではありませんが、しばしば術後に脳出血、心筋梗塞、腎不全など、重篤な合併症を生じることが知られており、無事に治療が終わっても退院するまでは安心できません。この病気を持っている方が、さまざまな持病(生活習慣病)を合併していることが多いためで、安全に治療を行うためには治療の前の検査がとても重要です。したがって、この手術を受けていただく方は、たくさんの種類の検査が必要になる傾向があります。

この記事に関するお問い合わせ先
脳神経外科

住所:静岡県藤枝市駿河台4丁目1番11号
電話番号:054-646-1111(代表) ファクス:054-646-1122
お問い合わせはこちらから

更新日:2022年03月01日